top

 

 スポンサードリンク

『男子ごはん』的なノリで自家製タルタルソースを作ってみよう。





揚げたてのフィレオフィッシュやカキフライにたっぷりとタルタルソースをかけて食べる。
これはもうやめられませんね(≧∀≦)ウッヒャヒャッ!!


今日は超カンタンでメチャウマな早乙女流自家製タルタルソースのレシピを。
ケンタロウ&国分太一になったつもりで行ってみましょう(笑)
『男子ごはん~!!』


<材料はこちら>

たまご
パセリ
たまねぎ(好みによっては入れなくてもOK)
オリーブオイル


黒コショウ
マヨネーズ
醤油


<つくりかた>

たまごは完熟のゆで卵にし(沸騰したお湯で15分)、
殻をむいて粗みじん切りに。粗熱を取っておく。

パセリ、たまねぎをみじん切りにし、ゆでたまごと一緒にボウルに。

ボウルの中にオリーブオイル大さじ1、酢大さじ1、コショウ(適量)、マヨネーズを投入。
マヨネーズは少しずつ投入し、かき混ぜながら具材に馴染ませる。





好みのソースの加減に整え、隠し味に醤油を小さじ1程度加えて完成。


食べ方は色々。
フライ系には勿論のこと、色々試しても美味しい。
パセリとたまねぎのシャリシャリ感と、たまごのマッタリ感が相まって良いです。
温野菜サラダや、チキンステーキにつけるのがマイブーム。



今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
ユニクロ
アロマ
フォリフォリの時計
お得な情報をサーチ

  


レシピ『鯛のおすまし』ダシの旨味と鯛のふっくら感を味わおう。




大丸のデパ地下で、真鯛の切り身が半額に!! しかも御頭付きw
鯛のおすましでも作ってみようと迷わず即買い。

と言うわけで、今回は鯛のおすましのレシピダイジェスト版です。



★大根と長ネギの下ごしらえ

長ネギは白髪ネギに切っておく。
大根は短冊切りにし、軽く下茹でし、水気を切っておく。


★鯛の下ごしらえ

鯛は軽く塩と酒(お好みで生姜のしぼり汁)を振り、
臭みを取ります。




★吸いダシを取る(今回は鰹ダシで)

沸騰したお湯に鰹節を投入し一番ダシを取る。
雑味が出ないようにサッととる。
味付けは好みだが、塩・酒で薄めにしておく(後で調整)
下茹でしておいた大根はこの段階で加えておこう。


★鯛を塩焼きにする

下ごしらえしてある鯛はペーパータオルなどで水気吸い取ってから、改めて軽く塩を振り、
グリルで塩焼きにする。
皮をパリパリに、身をふっくらにするために、
最初は強火で3~4分程度焼き、途中から弱火に落として焼き具合を見ながら火を通す。





★完成!!

焼けた鯛の御頭の部分を吸いダシに入れ、鯛の旨味をダシにからませる。
味見をして、塩加減を調整する(好みで薄口醤油を少々、と言うのもおいしいかも)

器に塩焼きの鯛の身、白髪ネギを盛り、上から吸出しをかけて完成!!
淡白だけど、ふわふわな鯛の食感と、旨味がダシに染み出てきて、たまりません。
日本人でいることに万歳!!

ちなみに、この鯛の吸出しでお茶漬けにしても超リッチな味わいなので、オススメです。



今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
厳選!ネットでお得情報
うたかたの記憶。
ハイドロカルチャー
アスクルでお得に買物

  


『半熟派』のあなたに捧げるベーコンエッグのレシピ



ベーコンエッグはまさに『朝ごはんの定番』
たまごの仕上がりも人それぞれの好みがあるでしょう。

さて、
今日は簡単に出来る『半熟たまごのベーコンエッグ』のレシピでございます。
(・・・って、そんなに大げさでは無いです。)

作り方は簡単。

ベーコンを焼く(カリカリ加減はお好みで)

たまごを割り、白身と黄身に分ける。

ベーコンの上から白身だけ投入。

白身が固まりきる前に、黄身をそっと乗せる

水を適量投入しフライパンにふたをして蒸し焼きに。

黄身の固まり加減を見て、好きなタイミングで盛り付けて完成w

とまぁ、せいぜいこんな感じです。
たまごの黄身と白身を時間差で焼けば、あなた好みの半熟具合になりますね。



今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
アロマセラピー~アロマの力でリフレッシュw
禁煙を志す方へ読んでお役に立ちますw
学資保険
腰痛~つらい痛みに読んで効くブログ。
  


お家でふんわりミルクのカフェラッテをつくる



お家でもカフェのようなふわふわなカフェラッテが作れたら、
毎日飲んでしまいますね。



『電動式ミルクホイッパー』

このアイテムを使うと、
カフェラッテのフォームドミルクが簡単に出来てしまいます。



牛乳を容器に入れて



電子レンジで1分半程度暖めます



攪拌して暖めたミルクに空気を含ませます←これがとても大切



マグに入れたコーヒーやエスプレッソの上から、
フォームしたミルクを注ぐと完成です。

これでいつでもお家でカフェ気分。



今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
お得な情報をサーチ
厳選!ネットでお得情報
気になる情報の架け橋

  


レシピ・我が家の『いくら醤油漬け』




秋になり、秋鮭と新米が美味しい季節になりました。
『いくらの醤油漬け』は簡単なレシピで、美味しく食べることが出来ますのでおススメです。
我が家のレシピをご参考までに公開します。





用意するもの

生筋子(スーパーの鮮魚コーナーでほぐしてもらえるならその方が楽ですw)
醤油(昆布醤油などを使うとさらにおいしい)
みりん
料理酒
ザル・ボウル・保存容器





生筋子は水で筋を取り除きます。
筋がある場合も『ぬるま湯』を使うと筋からほぐすことが出来ます。
つぶさないように、扱いは丁寧に。
ザルに取り、水をきっておきます。





『漬けダレ』を作ります。
ここの比率で甘めにしたり、辛めにしたり出来ます。
我が家では『醤油5:みりん1:料理酒2』の比率で作ります。





先程の生筋子を漬けダレに入れ、保存容器などに入れて冷蔵庫へ。
半日~1日くらいで食べられます。
軽く味見して、味の微調整をしましょう。



今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
ブログ情報サイト
厳選!ネットでお得情報
ゴーヤ=にがうり
お弁当のコツ




  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら