top

 

 スポンサードリンク

『らーめん千太』美味いスープとしなやかな細麺に心酔w

前回更新が3月。ずいぶんお久し振りになっています。
すっかりサボっていました(笑)
せっかく久し振りなので、やはりここはラーメンネタで復活しようかと思いますw


今回ご紹介するのは札幌大通東エリアから、
中央バスターミナルビル地下にある『らーめん千太』。

そのウワサの激ウマスープのポテンシャルを確かめるために、
ファーストコンタクトは塩から攻める事にしました。
オプションメニューの『シメ飯』も注文。



美しい仕事がなされたラーメンが登場。
鶏をふんだんに使い、魚のかえしを合わせた旨味溢れるスープ。
相棒となる麺は小林製麺特性の加水率が低めのしなやかな細麺。

『おおおおっ!』
ひとたび麺をすすり始めると、
そのクオリティに感動を覚えました。
まさに超好み。
ガツンと言うパンチで押してくる味と言うより、
『毎日でも無理なく食べることの出来るラーメン』。
優しい旨味が染み込んできます。

スープを飲み過ぎないように麺を食べ進め、
オプションの『シメ飯』を投入します。





これもまたリッチ感たっぷりの『お茶漬け』が。
添えられた山葵の風味が更なる美味さを演出してくれます。


良い仕事です。
コストパフォーマンス高いです。
このラーメンに巡り会えたことに心から感謝したい。

後日、醤油と味噌にのチャレンジしてみましたが、
期待を裏切らない秀逸な出来のラーメンでした。

実家から目と鼻の先にある店なので、すっかり通い詰めております(笑)

私的に、札幌大通エリアのラーメン屋として、
東はこの『千太』、西は『三角山五衛門』が双璧と言えます。




オススメ度:★★★★★

『らーめん千太』

住所:札幌市中央区大通東1丁目
営業時間:11:00~16:00
駐車場:無
定休日:日曜




誰でも給付金を上乗せ出来る方法が!!

  


『まるたかラーメン』北大前に旭川ラーメン系の美味い店在り!

比較的にご近所なので行こう行こうと思いながら、
ことごとくタイミングを逃していましたが、
久し振りにやっとこ行くことが出来たのがこの『まるたかラーメン』
旭川ラーメンの系譜の美味しいお店です。

基本的にシンプルなため、ごまかしが効かないラーメン。
肉系と魚系の調和したスープと、旭川の老舗『加藤製麺』の細めの麺が良く絡まります。
スープ自体のポテンシャルが高いので、味噌・塩・醤油のどの味を食べてもハズレがないです。


今回は『魚醤油ラーメン』を。
普通の醤油ラーメンも魚ダシが感じられますが、
これはさらにパンチのある香りが堪能できます。





お店はラーメン同様いたってシンプル。
『街のラーメン屋さん』と言った感じです。
でも、いつもなかなかの繁盛を見せていますよ。





次は味噌にしようか、塩にしようか、炒飯も捨てがたいw


シンプルに美味しい旭川ラーメンをご所望の方にはオススメ★★★★★です。



『まるたかラーメン』

住所:札幌市北区北11条西4丁目
(地下鉄南北線北12条駅より徒歩5分)
営業時間:11:30~21:00
駐車場:無
定休日:日曜





今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
建設情報のビズブリネット・ドットコム
うたかたの記憶。




  


万豚記(ワンツーチー)の『豚キャベツ麺』。この麺は美味しい。




『何だかラーメンばっかり食っていないか?』

『そのとーり( ̄ー ̄)!!』(爆)


三度目の登場の万豚記(ワンツーチー)です。
何だかんだ言ってこの店がお気に入りかも知れません(笑)

今回は『豚キャベツ麺』(塩)をオーダー。
いわゆる野菜タンメンをイメージしてもらえるとよいかも?

コレは私にとってストライクキター!!って感じです。

塩ラーメン → 好き
平打ち麺 → 好き
豚肉 → 好き
キャベツ → 好き
もやし → 好き
生姜の風味 → 好き
これらの統合 → 美味いに決まっている!!(笑)
訳です。

香ばしく炒められたキャベツなどの野菜の旨味が乗った塩スープ。
これでかえって豚肉の甘味が感じられるかも知れません。
刻んである生姜の風味のおかげでアッサリしています。
そして喜多方ラーメンのような平打ちの麺が、
スープを良く『持ち上げて』くれます。
適度にコシがあってノド越しもいい。

どんぶり一杯を堪能する間、
ひと時のシアワセを味わうことが出来るでしょう。
GOOD JOB万豚記!!

多分、次に行った時にメニューに載っていたら、また食います。



『万豚記(ワンツーチー)アピア店』

札幌市中央区北5条西4丁目
札幌駅地下アピア B1
11:00~21:30



今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
お得な情報をサーチ
暮らしに役に立つネット情報セレクション
冷え性対策
歯のマニキュア
  


コンビニのレプリカ麺もここまで来た。『アイバンラーメン』



最近すっかりあたりまえになった感じの、コンビニ限定のレプリカラーメン
いつしか人気店の味を再現したカップ麺が続々登場するようになりました。

価格も若干高めではあるものの、
普段そうそう行く事の出来ないラーメン店の味のイメージがわかると言うのは魅力。

ラーメン店も店のPRに一役買うと言う事で、
メーカーとのコラボレーションに協力的だと言います。

当然、レプリカなので、お店の味より美味しいといけない。
でも、レプリカを食べた人間がお店に興味を抱くような再現性でなくてはならない。
と言う二律背反的な課題が発生します。
メーカーの開発はそのサジ加減に苦労するようです。

今回はサンクスで期間限定発売となった、この『アイバンラーメン』にチャレンジ。

このレプリカのモデルになったアイバンラーメンの店主、
アイバン・オーキン氏は、ニューヨークの4つ星フランス料理店「ルテス」でシェフの経験を持つ経歴の持ち主。
若い頃に日本で食べたラーメンの魅力に取り付かれて、再び来日し、自分の店を出すのにいたったと言う、
シェフ仕込みの『逆輸入ラーメン』とでもいえる存在。


カップめんは必ず沸騰したお湯で!!



このレプリカを食べてみて、実際の店舗のラーメンに対する興味が大いに沸いてきました。
平打ちの麺。鶏ガラベースでありながら魚介のパンチが後を引くスープ。
いままで食してきたレプリカとしては最高級の美味さでした。
『コンビニのレプリカ麺もここまで来たか~。』と思いました。




店主の経歴、そしてこのレプリカで再現された美味さ、
次回の東京遠征では是非行ってみたいラーメン店です。



『アイバンラーメン』

〒157-0062 
東京都世田谷区南烏山3-24-7
(京王本線 芦花公園駅下車 北口より徒歩2分)
月曜~金曜 17:30~22:30
土曜・日曜 11:30~17:30
定休日 : 水曜日・毎月第4火曜日




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
厳選!ネットでお得情報
暮らしに役に立つネット情報セレクション
本の出版事情
アディダス メッセンジャーバッグ

  


『味の三平』札幌味噌ラーメンの歴史はこの店から始まった。

『味噌ラーメンの元祖』と呼ばれるのがこの店『味の三平』




昭和30年代、まだ味噌ラーメンと呼ばれるものは存在していませんでしたが、
この店の店主が『豚汁に麺を入れて食べている客』を見て、
豚汁ベースのラーメンをヒントに改良を重ねて、味噌ラーメンの原型なるものが完成したとされています。

その後、たちまち味噌は、しょうゆ、塩と並んでラーメンの定番テイストとしての地位を確立して行き、
『札幌と言えば味噌ラーメン』と全国的にも認知されているのはご存知の通りです。

同時に、この『味の三平』に麺を卸していた西山製麺も、
一気に札幌のご当地製麺所としての知名度を上げることになりました。

熱したラードでもやしなどの野菜類と挽肉を炒め、
そこにスープを注いで香ばしさとコクを出す調理法が、
所謂、札幌味噌ラーメンの本流の調理法。

この三平の味噌ラーメンは、
どことなく昭和30年代の懐かしさを感じさせるテイストで、
最近の進化している味噌ラーメンに慣れている私には、かえって新鮮な味わいです。

そのままでも香ばしいスープですが、
テーブルにある『辛味噌』をトッピングすると、さらに奥深い味になります。

彩未すみれけやきなど、
札幌には今や味噌ラーメンの名店が多く存在しますが、
この『味の三平』なくして、それらの店も無かったのかも知れないと思うと、
感慨深いモノがあります。


『味の三平』

札幌市中央区南2条西3丁目
大丸藤井セントラル内4階
11:00~18:30
月曜日・第2火曜日定休




今話題の人気商品をズラリと紹介!バリューミックス・ドットコム
投資のための口座開設
自転車保険の必要性
短期ダイエット

  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら